関西アーバン銀行の色々

関西アーバン銀行のネットバンキング

関西エリア以外に住んでいる方だと、関西アーバン銀行ってどんな銀行なのかイメージしにくいと思います。それは、関西アーバン銀行が大阪府や京都府、滋賀県をメインに展開している銀行だからです。ちなみにエリア外だと東京に2店舗、名古屋市に1店舗しかないほどの中小規模の銀行なのです

そんな関西アーバン銀行ですが、実は三井住友銀行の傘下の銀行です。ということは、三井住友銀行の支店や店舗外ATMコーナーが近隣にあり利用できれば、三井住友銀行のATMを自行のように使うことができます。ただし入金はできませんが、出金は手数料が無料で預金を引き出すことができる時間帯があります。また、全国のゆうちょ銀行のATMコーナーであれば、入金も出金も平日の昼間であれば、手数料が無料でできます。セブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATMでも入金や出金ができ、特に入金手数料は無料で使用できます。

何故、定期預金の話なのにATMの話をするかと言えば、ネット専用の支店「いちょう並木支店」を活用すれば、金利が高い定期預金を利用できるからなのです。もちろん店頭やATMで預入する定期預金よりも金利が高いのです。その支店専用の定期預金“関西アーバンダイレクト定期預金”を利用すれば、100万円以下を1年間預けた場合の金利が、平成25年11月1日現在で0.25%と、かなり高金利になるのです。

銀行によっては、インターネット専用支店の開設のハードルが高く、地域外に住む人には口座開設すらさせてくれない銀行が多いのですが、関西アーバン銀行のいちょう並木支店に関しては、2013年11月現在の情報では、日本に居住し、本人確認の書類が用意でき、銀行側の承認が取れれば口座開設ができます。